住宅の外観は3つの要素で作られています。

外観は3つの要素で作られている

私が昔ネットで「新築 武蔵村山市」などで新築住宅を調べていたとき、住宅の外観について学びたいと思いました。住宅の外観と申しますのは、シンプルに言うと「住宅の外側」です。当該の「外側」には実にさまざまな要素がありますが、住宅の外観に影響を及ぼすといってもいい重要な要素が、「家の形」「外壁」「窓」の3つです。

家の形状

家の形状にはさまざまなデザインがあります。どんなような形状を採用するかは、家を建てる土地の状況や広さ、住宅に求める機能や間取りなどによって変わります。

外壁
家の外側のほとんどを占めることになる外壁の色や素材は、家の外観を決めるうえで特にキーポイントとなる要素です。屋根とのバランスや全体の雰囲気、予算、耐久性やメンテナンスのしやすさなどを考えて決定することになります。


窓の配置や種類は、家の風通しや日当たりを用意するうえでとても大切なバリエーションです。そして、家の外観に反映されるため、そのイメージにも影響を与えることになります。機能性やデザイン性などを考えながらセレクトしてください。

外観を決める際に気を付けたいこと

住宅の外観をどうするかということを決めるうえでは、とりわけ留意しておきたい点がいくつかあります。まずはお手入れ面。外壁のメンテナンスは、建物の寿命を長くするために大きな役割を果たします。定期点検や修繕のしやすさを考えておきましょう。

プライバシーの確保も忘れてはならないポイントです。隣接する道路を通行する方や近隣の住宅にお住まいの方の視線を気にしないで住めるかどうか注意しましょう。のとは逆に、死角をつくりすぎると防犯面に悪影響ですから注意が必要。

住宅地に一戸建てを建てるケースでは、近隣の住宅と近い位置に家が並ぶことになります。そうした環境においては、街全体の雰囲気や周囲の住宅との調和をある程度考慮する必要があります。いくらおしゃれな家でも、あまりにも調和がとれていない家は違和感が大きくなります。

外観に使われる素材について

外観に使われる素材としてまず挙げられるのは、屋根の種類でしょう。現在の日本で最も多く使われているのはスレート屋根で、そのほかにも、合金めっき鋼板などの金属で葺いた金属屋根や、瓦を葺いて作る瓦屋根などがあります。

外壁の素材としては、パネル状の板を金物などで貼り合わせたサイディングが大部分でています。特に多く採用されているのは、セメントと木質素材を混ぜた窯業(ようぎょう)系サイディングで、デザインのバリエーションも豊富です。

外観をシンプルに仕上げたいという方に人気があるのはモルタル塗装で、こちらもカラーや種類は多方面にわたります。“打ち放し”をはじめとするコンクリート外壁や、塗り替えの必要がないタイル貼りもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です